あなたの出会いをサポートします

山県市マリッジサポートセンターコラム

12月コラム

イルミネーションが美しい季節になりました。

この時期になると、いろんなところで独身の皆さんの出会いの場である婚活パーティーやコンパなどが開催されています。先日も岐阜駅の近くを歩いていますと、それらしい団体さんがお店から出てくるところをたくさん見かけました。積極的に出会いの場所に行ってみようという意欲は素晴らしいですね。

さて、わたしたちは結婚相談をする中で、異性と出会う方法の一つとして“婚活イベント”の案内をすることがあります。しかし、「大勢のところが苦手です。だからパーティーには行きません。」、「自分から話しかけるのができないし、誰も話に来てくれないので行っても嫌になります。」、「何度も参加しましたけど、なかなかマッチングできないです。傷つきました。」など、イベントに行きたくないと言われる方もいらっしゃいます。
確かに、苦手なことは挑戦するには勇気がいりますし、参加をためらう気持ちも分かります。

でも、思い出してみてください。皆さんは幼いころから、苦手なことやできないと思っていたさまざまなことに挑戦してきたのではないでしょうか。例えば自転車に乗る練習をしたとき、何度も転んで怪我をしてあきらめようと思ったときも、できるようになりたいという思いや、周りの家族から励ましの中で、挑戦してきたと思います。このように、皆さんはいろんな場面で、達成感を味わい、小さな成功体験を繰り返してきました。
ただ、素直で純粋な心でいろいろなことに挑戦してきた幼い頃と違い、年を重ねるにつれて、苦手なことに挑戦する意欲がなくなり、面倒くさいと思ってしまっているのではないでしょうか。
そんな今こそ独身男女の皆さんにお伝えしたいです!!
幼い頃のように素直で純粋な心に戻って挑戦してみよう。婚活については、わたしたちが家族のように応援・サポートをします。

山県市マリッジサポートセンターの会員さんの中には、あきらめずに挑戦したことで、見違える程意識を変えた男性がいます。
  彼は、自らの意思ではなく、親さんからの後押しで相談所にやってきました。婚活に対してもあれもこれも苦手、もう婚活はやめたいとまで私たちに言い、半年以上も相談にいらっしゃらない期間もありました。わたしたちは、なぜ婚活を辞めたくなったのかをじっくり聞きました。彼はわたしたちに話しをする中で、婚活に対しての今の自分の行動や思いを見直し、婚活をちょっとだけやってみようという気持ちに変わりました。そして、岐阜マリッジサポートセンターが開催したお見合い会に挑戦しました。お見合い会にもただ行くだけではなく、まずは服装などの身だしなみを整える準備をされました。今まで私服でジャケットを着たことがなかった彼ですが、見た目をきちんとされるとそれはもう見違えるほどでした。彼がお見合い会に参加できたのは、やめたいと思うほど苦手な婚活に挑戦しようと思えたから、そしてわたしたち相談員のアドバイスを素直に受け止め、身だしなみを整えるなどの行動をおこしたことで自信を持てたからだと思います。

婚活成功のポイントは、「まず相談所に来て相談員に自分の話をなんでも話して、心を開くこと。」、「アドバイスを素直に受けとめて、できることからやってみること。」、「あきらめないで続けること。」だと考えます。
私たちは相談に来てくださった方々に寄り添い信頼関係を作り、時には厳しいこともお伝えしますが、皆さんの幸せな結婚のために力を尽くしていきます。
いつかは自分から始まる家族を作り、家族で年末年始を楽しく過ごしたいと願う独身男女の皆さん。婚活はいつからでもスタートできます。スタートしたら目標をもってあきらめずに行動をしましょう。

山県市マリッジサポートセンターでお待ちしています。